収入証明書不要カードローン

収入証明書不要カードローンは金利で選ぶべき?

貸金業法が2010年に改正されて、収入証明書が必須になったかというと必ずしもそうではありません。
消費者金融での1社の借入限度額が50万を超える場合、複数の貸金業者から合計で100万円以上の融資を受ける場合に必要です。もし、「収入証明が借入額に関わらず一切不要」という宣伝をしていた場合、法律を遵守しない悪徳貸金である可能性が非常に高いです。
とても高金利だったり、トラブルに巻き込まれる可能性が高いので気をつけましょう。例えば、「アコム」、「アイフル」、「プロミス」等の認知度の高い消費者金融の場合、法律を守って貸金を行っています。つまり、現在借金が無く、1社から借り入れを50万以上しようとしている場合や複数の貸金業者から100万以上を借入用とする場合は、収入証明書を提出するように言われるのが当然です。面倒だと感じるかも知れませんが、安易に貸金業者を選ぶと後で痛い目に遭う可能性があるということです。
ですから、安心感の大きな消費者金融を選ぶことが大切です。最近では、消費者金融が大手銀行と提携しているケースも増えています。
大手銀行と提携しているというのは、尚更、健全な経営をしている可能性が高い消費者金融であり、信頼性が高いです。どこから融資を受けようと悩んだら、単に金利で選ぶより安全性の高い消費者金融を選ぶようにしましょう。
クレジットカードを申請した時に、1回に付きいくらまでと制限を決める枠が設けられます。
この枠は個人差があって一番低い金額ですと5万円からとなっており、年収が上がることで限度額の枠も上がってゆきます。ネットキャッシングを利用したキャッシング枠は1度決められた金額に対し、増やすことができないと思っている人もいますが、クレジットカードを発行している会社によっては条件にさえ合えば、キャッシング枠を増やすこともできるのです。
その条件とはキャッシングした時にきちんと期限内に返済ができたうえで、年収が上がったことを証明する書類を提出すれば可能です。